活動案内

過去の全国集会のテーマと報告

テーマ・会場 報告書
第1回 1958(昭和33)年 「注入主義について」(伊豆熱川)  
第2回 1959(昭和34)年 「政治についての理解の系統的指導について」(東京)  
第3回 1960(昭和35)年 「歴史教育の問題について」(比叡山)  
第4回 1961(昭和36)年 「社会科の指導における目標と方法の関係の究明−子どもの思考をのばそうとする具体的な研究を通じて−」(東京)  
第5回 1962(昭和37)年 「社会科の指導と教材研究−指導記録を手がかりに−」(信州安代)  
第6回 1963(昭和38)年 「社会科における評価の問題−指導記録を手がかりとして−」(日光)  
第7回 1964(昭和39)年 「社会科における評価の方法」(南紀湯川)  
第8回 1965(昭和40)年 「指導計画のたて方−その理論的根拠−」(箱根)  
第9回 1966(昭和41)年 「授業における経験と思考の役割−ねらいの実現と関連して−」(岐阜)  
第10回 1967(昭和42)年 「目標のあり方と問題解決学習」(高尾山)  
第11回 1968(昭和43)年 「問題解決学習における問題の成立とその発展」(奈良)  
第12回 1969(昭和44)年 「子どもの問題追究と教材」(熱海)  
第13回 1970(昭和45)年 「成長する子ども−問題解決学習で育つひとりひとりの子ども−」(伊豆山)  
第14回 1971(昭和46)年 「間題解決学習で育つひとりひとりの子ども」(熱海)  
第15回 1972(昭和47)年 「教育的系統の成立と発展−子どもの問題の発展と学習内容の編成−」(奈良)  
第16回 1973(昭和48)年 「人間回復の過程としての社会科」(熱海)  
第17回 1974(昭和49)年 「人間回復の過程としての社会科」(奈良)  
第18回 1975(昭和50)年 「人間回復の過程としての社会科」(熱海)  
第19回 1976(昭和51)年 「社会科教育において基礎的な力をどう育てるか−子どもの成長に必要な教材一」(京都)  
第20回 1977(昭和52)年 「社会科における子どもの可能性と教師の指導性−多元的世界における問題解決学習−」(熱海)  
第21回 1978(昭和53)年 「子どもひとりひとりに即した教材の把握と授業の展開」(和歌山)  
第22回 1979(昭和54)年 「ひとりひとりの人間らしさを育てる授業」(熱海)  
第23回 1980(昭和55)年 「子どもの思考の成熟をうながす教材の発見」(倉敷)  
第24回 1981(昭和56)年 「価値の多元化と社会科の役割−子どもの思考の成熟をうながす教師の姿勢−」(熱海)  
第25回 1982(昭和57)年 「価値の多元化と社会科の役割 −子どもの思考の成熟をどうとらえるか−」(京都)  
第26回 1983(昭和58)年 「子どもが見えているか−価値の多元化と社会科の役割−」(熱海)  
第27回 1984(昭和59)年 「子どもを奥深くとらえる−個を確立する社会科−」(京都)  
第28回 1985(昭和60)年 「教育の危機と社会科の責任−子どもを奥深くとらえる−」(箱根)  
第29回 1986(昭和61)年 「評価の重点と教材のあり方−教育の危機と社会科の使命−」(京都)  
第30回 1987(昭和62)年 「個を育てる問題解決学習−初志の会30年とこれからの社会科−」(熱海)  
第31回 1988(昭和63)年 「子どもの生活の充実をはかる授業の創造−これからの社会科をどうするか−」(京都)  
第32回 1989(平成元)年 「教材と個々の子ども−子どもの追究をうながす手だて−」(熱海)  
第33回 1990(平成2)年 「個の確立をうながす授業の創造−子どもの視野をゆたかにする教材」(京都)  
第34回 1991(平成3)年 「個の確立をうながす授業の創造−子どもたち相互のかかわりを深めるとは−」(熱海)  
第35回 1992(平成4)年 「個が育つ問題解決学習のあり方−子どもにとって具体的な教材とは−」(京都)  
第36回 1993(平成5)年 「個が育つ問題解決学習のあり方−関心・意欲をどうとらえ・生かすか−」(熱海)  
第37回 1994(平成6)年 「個が育つ問題解決学習と基礎・基本−この子を何にむかってどう育てるか−」(京都)  
第38回 1995(平成7)年 「混迷する社会において問題解決学習の果たす役割は何か−学校で教師がめざすべきこと,子どもが学びうること−」(熱海)  
第39回 1996(平成8)年 「情報社会における問題解決学習の展開−経験・知・コミュニケーションのあり方をさぐる−」(京都)  
第40回 1997(平成9)年 「問題解決学習の40年−初志の会の実績と未来への役割−」  
第41回 1998(平成10)年 「情報社会における問題解決学習」(東京)  
第42回 1999(平成11)年 「徹底して一人ひとりの子どもを生かす」(京都)  
第43回 2000(平成12)年 「問題解決の過程で育つ個の総合」(三重)  
第44回 2001(平成13)年 「問題解決の過程で育つ学力」(京都)  
第45回 2002(平成14)年 「現代社会の危機と初志の会−問題解決学習で育つ子どもの力−」(京都)  
第46回 2003(平成15)年 「問題解決に挑む個−現代における初志の会の役割−」(松本)  
第47回 2004(平成16)年 「問題解決に挑む個−未来を拓く学力とその評価−」(京都)  
第48回 2005(平成17)年 「問題解決学習で育つ学力−学校を取り巻く環境の変貌と教育の可能性−」(熱海)  
第49回 2006(平成18)年 「問題解決学習で育つ子ども、生きる授業-初志の会50周年に向けて-」(京都)  
第50回 2007(平成19)年 「問題解決学習で育つ子ども、教師の力-初志の会50年の継承と発展-」(京都)  
第51回 2008(平成20)年 「子どものとらえと授業創造」(山口)  
第52回 2009(平成21)年 「子どものとらえと授業創造」(京都)  
第53回 2010(平成22)年 「授業から学級づくりへ−子どもがともにあるために」(長浜)  
第54回 2011(平成23)年 「子どもが見えているか−子ども理解から授業構想と手だてを探る−」(京都)  
第55回 2012(平成24)年 「子どもが見えているか−子ども理解と教師のあり方−」(長野)  
第56回 2013(平成25)年 「子どもをより深くとらえる−子どもに根差した授業の構想と展開−」(京都)  
第57回 2014(平成26)年 「子どもから学び、子どもと生きる−子どもをどうとらえるか−」(愛知)  
第58回 2015(平成27)年 「子どもから学び、子どもと生きる−そこからどう動くか−」(京都)  
第59回 2016(平成28)年 「子どもから学び、子どもと生きる− 共に生きるとは −」(京都)  
第60回 2017(平成29)年 「学級の子どもの多様化と問題解決学習 ━民主主義社会を「共に生きる」 生活者としての 資質・能力を育てる ━」(京都)  
第61回 2018(平成30)年 学級の子どもの多様化と問題解決学習 ━民主主義社会の新たな課題 に立ち向かう 資質・能力を育てる ━(京都)  
第62回 2019(令和元)年 学級の子どもの多様化と問題解決学習 −何をめざす資質・能力(コンピテンシー)なのか−(京都)